【村瀬流ゴルフ論 vol.138】「練習のための練習」になっていませんか? 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.138】
http://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

このメールは、「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■


◯◯さん、こんにちは!


早速ですが、今週のテーマです。

今回は来週と2回にわたって、
「なぜ、練習場のナイスショットが
ラウンドで再現できないのか?」
というテーマでお送りします。

今週は前編です。


このテーマも、
多くのゴルファーの皆さんから
質問を受けるテーマです。

冷静に考えてみると
その理由がわかると思いますが、
意外に「練習のための練習」に
なっている自分を発見します。

もちろん練習が好きな方も
いらっしゃるので、
練習のための練習でも良いのですが、
多くのゴルファーは
スコアアップを目的に
ナイスショットやフックボールを練習して、
再現性の高いスイングを
目指して練習をされている
のではないでしょうか?


その練習場のショットが
なぜコースでなかなか再現できない
のでしょうか?

その最大の理由は
「環境」の違いにあります。

練習場とゴルフ場の違いは
◯◯さんもご存知ですので、
ご説明しませんが、
相当に違うことは明白です。

それでは、
実際のラウンドのための
実践的な練習場はできないのでしょうか?


全く同じ環境は不可能ですが、
いくつかの工夫により、
より実践に近づけることは
可能と思います。

以下、私のご提案です。

①練習場での最初の一打は
 ドライバーを練習する

②コースで使用する
 クラブの回数に合わせて練習する

③100ヤード以内の
 アプロ―チショットは
 10ヤード刻みに距離感の練習をする

④パターはさすがに
 練習マットの上ではできないので、
 自宅でのパッティング練習を組み入れる

⑤一打一打のプリショットルーティーンを
 練習時にも実践する 等


練習場のライは、
人工芝で全くのフラットです。

ゴルフ場では、
フラットなライは
原則ティーショットだけですので、
フラットなライでの練習をしていると
認識して練習をすることも大事です。


今週はここまでです。

来週は後編をお送りしますので、
楽しみにしてくださいね。


今週も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

また来週もメールしますね。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.83を配信しました。

  2. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.88を配信しました。

  3. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.79を配信しました。

  4. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.19】練習をしないでゴルフは上手になれるか?…

  5. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.24を配信しました。

  6. メルマガバックナンバー

    村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.143を配信しました。

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

アーカイブ

メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部