【村瀬流ゴルフ論 vol.146】なぜ、突然イップスになるのか?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.146】
http://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメールは、「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


◯◯さん、こんにちは!


早速ですが、
今週のテーマです。

今週から2回にわたって、
「なぜ、突然イップスになるのか?」
というテーマでお伝えします。

今週は、その前編です。


今回のテーマである「イップス」ですが、
これはなった方でしか、
その症状を理解することは出来ません。

なぜ突然にクラブがトップから
インパクトにスムーズに降りてこないのか?

なぜ、突然にパットのヒッティングが
できなくなってしまうのか?

科学的には私もわかりませんが、
イップスになる人には、
私の経験では一定の傾向を
見ることが出来ます。

①非常に研究熱心な人

②努力家で向上心のある人

③成長過程で、
 ステップアップを感じている人

④多少神経質な人

⑤完璧主義の人

⑥特にスイングメカニズムに
 興味のある人

等です。


では、イップスの症状は
どのような要因で発症すると
考えればよいのでしょうか?

私は脳科学者ではないので、
経験上から判断すると、
簡単には、以下のような脳のシステムが
影響していると考えています。

①成人の人間は左脳で右脳を
 コントロールしています。

②左脳は理論や分析を
 役割にしていますので、
 本能や感情を役割としている
 右脳に顕在意識で支持しています。

③左脳は右脳の動きをコントロール
 (制御)することが多いので、
 スインググメカニズムに興味があり、
 非常に研究熱心で、
 成長過程にあるゴルフファーは、
 種々のメカニズムを実践していますので、
 右脳は混乱を起こすことがあります。

④その右脳の混乱が、
 運動を司る運動野にスムーズな動きを
 妨げることがあります。

⑤その運動野の不安定な動きと感情が相まって、
 スイングそのものの動きに
 影響を与えてしまう状況が
 イップスになっていると
 私は考えています。


ここまでは、
理解いただけたでしょうか?

具体的なイップスの対処方法は
また次回に説明したいと思いますが、
ここではイップスは絶対に治ると
考えてください。

風邪やインフルエンザに
感染しているような状況と
思っていただきたいのです。

医者に行けば処方箋をもらえますし、
薬局に行けば多くの適切な薬が
用意されています。

一方、
風邪に効く万能な薬はないとも聞きます。

自分が信じるかどうかですね。

イップスは絶対に治る病気と
自分を信じてください。

その意識が非常に大事であることは
間違いありません。


今週はここまでです。

来週は
「なぜ、突然イップスになるのか?」
の後編をお送りします。

楽しみにしてくださいね。


今週も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

また、来週もメールしますね。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.136】みなさんは素振りの練習をしていますか…

  2. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.117】関東シニア予選に出場してきました!!…

  3. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.163】現状分析の4テーマに対する考え方をお…

  4. 「村瀬流寄せワンの極意」セミナーを開催しました!

  5. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.52を配信しました。

  6. 2013年9月28日  NOBUGOLFSCHOOL第一期生対象合宿開…

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部