【村瀬流ゴルフ論 vol.215】練習のスタートはショートアイアンからではない理由

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.215】
http://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメールは、
「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


【本日の動画】
「練習のスタートは、ショートアイアンではない」
こちらから!↓↓↓↓↓
https://03auto.biz/clk/archives/isvsjd.html



◯◯さん、こんにちは!


今回のメルマガのテーマは、
「理想のゴルフ」の第1章「新練習方法」の第4テーマ、
「練習のスタートは、ショートアイアンではない」
です。


◯◯さんも含め多くの皆さんは、
ショートアイアンからショット練習を始める方が
多いのではないでしょうか?

前回のメルマガを読んでいただいた方は、
この1週間で練習方法も少し変わったかもしれませんが、
今回は何故最初にショートアイアンから
練習をするかについて考えていただきたいと思います。


その理由の多くは、

①身体を温めるため

②ショットの感覚を短いクラブから思い出すため

③長いクラブよりも短いクラブの方がやさしいから

④何となくいつもルーティーンで 

などなど、でしょうか?


「理想のゴルフ」の練習方法の基本として、
練習場における練習方法は、
極力実践に効果のある方法にすべきで、
練習のための練習にならないように
気をつけなければなりません。

そのような意味では、どのように考えても
上記の理由でショートアイアンから練習を始めるのは
実践的ではありません。

身体を温めるためのであれば、
別途直前にストレッチをすべきです。

その方法を30P~31Pにコメントしていますので、
読んでいただき、是非とも練習前に
5~10分ストレッチをして身体をほぐしてください。

そして、最初の練習クラブをドライバーにすることで、
実践的な練習方法を身につけてください!



本日のテーマを動画でも詳しく解説していますので、
是非ご覧くださいね。
↓↓↓↓↓
https://03auto.biz/clk/archives/isvsjd.html



今週はここまでです。

来週はテーマ5、
「プリショットルーティーンに
ハンディキャップは無関係」
について解説します。


最後までお読みいただき、
本当にありがとうございました。

また、メールしますね。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.90】今年も首都大学東京のゴルフメンタル講座…

  2. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.68】18ホール歩いてラウンドしていますか?…

  3. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.34】「とにかく刻む事」の勘違いを打ち消す事…

  4. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.38】「スイング中は呼吸は意識しない方が良い…

  5. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.110を配信しました。

  6. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.76】ゴルフでもプランニングは重要です!

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

アーカイブ

メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部