【村瀬流ゴルフ論 vol.220】1ラウンドでウエッジとパターはどれぐらい使っていると思いますか?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.220】
http://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメールは、
「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【本日の動画】
「スコアアップに重要なのはウエッジとパター」
こちらから!↓↓↓↓↓
https://abaql.biz/brd/archives/aknvme.html



◯◯さん、こんにちは!


今回のメルマガのテーマは、
「理想のゴルフ」の第1章「新練習方法」の第9テーマ、
「スコアアップに重要なのはウエッジとパター」
(P46~P49)です。


ゴルフというスポーツは、
規則上は14本以内のクラブを使います。

理想のゴルフの目指す目標は、
飛距離でもなく、ナイスショットの回数でもなく、
スコアアップです。

スコアアップのためには、自分のラウンドの中で、
使用頻度の高いクラブを練習するのが重要であることは
◯◯さんもご承知と思います。

大方のクラブの使用頻度は以下のイメージです。
(力量や苦手意識で頻度は全く異なるケースもあります)

① ドライバー:原則14回
② フェアウエイウッド&ユーティリティ:約10回程度
③ アイアン(ウエッジ以外):約30回
④ ウエッジ:約10回
⑤ パター:36回
合計 100打

上記使用頻度をベースにして、100打となります。

100切りのためには、自分のスコアを分析して、
どのクラブの打数を如何に減少させるかを検討すれば、
スコアアップの対策ができます。

そこで浮かび上がってくるのは、
使用頻度の多いウエッジとパターの存在です。

約50%ですね!

これらのクラブは、鳥カゴの練習場では
なかなか実践的な練習ができませんので、
より実践的な練習をして効果を上げるためには
工夫が必要です。

具体策の参考は理想のゴルフでご確認ください。

このような自己分析と対策は
「クラブマネジメント」と定義しております


本日のテーマを動画でも詳しく解説していますので、
是非ご覧くださいね。
↓↓↓↓↓
https://abaql.biz/brd/archives/aknvme.html



今週はここまでです。

来週はテーマ10、
「アプローチはパターも入れて、5本で考える」
についての解説をお届けします。


最後までお読みいただき、
本当にありがとうございました。

また、メールしますね。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.136】みなさんは素振りの練習をしていますか…

  2. 週刊ゴルフダイジェスト掲載

    【週刊ゴルフダイジェストの特集記事に掲載されました!】

  3. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.44】「ゴルフ脳内ネットワークシステム」とは…

  4. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.37を配信しました。

  5. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.111】得意クラブが何本あれば90打を切れる…

  6. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.190】今年も1年間、ありがとうございました…

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

アーカイブ

メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部