【村瀬流ゴルフ論 vol.221】アプローチは最大5本のクラブで考えよう!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.221】
http://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメールは、
「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【本日の動画】
「スコアアップに重要なのはウエッジとパター」
こちらから!↓↓↓↓↓
理想のゴルフ解説動画
 
 
 
 


◯◯さん、こんにちは!


今回のメルマガのテーマは、
「理想のゴルフ」の第1章「新練習方法」の第10テーマ、
「アプローチはパターも入れて、5本で考える」
(P50~52)です。


グリーンへのアプローチショットですが、
基本的には3種類で、ランニングショットと
ピッチエンドランとロブショットがあります。

そのすべてのショットを
1つのクラブでこなしているゴルファーは
まずいないと思います。

もちろん、バンカーショトや深いラフからの
ショットもあります。

最低でも2本、多くて4本でしょうか?

パターでランニングをすることもありますので、
パター+2本のウエッジ=3本となりますが、
私は5本程度を使われることをお勧めします。


ここで選択の方法として、2通りの考えがあります。

① 1本で3通りのショットを打ち分ける 

② ショットの種類でクラブを変える

どの方法が正解、不正解はありませんので、
ご自身で好きな方法を選択してください。

私は4本のウエッジでアプローチをしています。

具体的には、P51に書いておきましたので
ご参考にしてください。


練習方法としては、
練習場では芝の上から練習はできないので、
会員コースに所属している方はゴルフ場に行って、
パターとアプローチの練習をするためだけに
ゴルフ場に出向かれては如何ですか?

そのために会員になっているわけですから。

会員コースに所属されていない場合は、
スタート時間の2時間前にゴルフ場に行って
アプローチとパターの練習をされるか、
もしくはプレー後に1時間ほど練習されるのが
良いかと思います。


スコアアップのためには、
アプローチショットとパターの実践練習をして、
スコアの約60%を占める
ショットの確実性を上げる努力をするのが
一番の近道です。


本日のテーマを動画でも詳しく解説していますので、
是非ご覧くださいね。
↓↓↓↓↓
理想のゴルフ解説動画
 
 
 
 


今週はここまでです。

来週はいよいよ、
第2章「パットは絶対”入る”と考えろ!」に
入っていきます。

その第1テーマ(通算第11テーマ)、
「アドレスのルーティンも明確なマネジメントを」
についての解説をお届けします。


最後までお読みいただき、
本当にありがとうございました。

また、メールしますね。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.122】フェアウェイウッドこそ「マネジメント…

  2. 2013年9月28日  NOBUGOLFSCHOOL第一期生対象合宿開…

  3. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.185】ショットをしていない99%の時間をど…

  4. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.216】プリショットルーティーンは◯◯◯でこ…

  5. 9/28~29合宿スケジュール公開!

  6. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.77】完璧主義ではゴルフは上手くいかない?

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部