【村瀬流ゴルフ論 vol.225】皆さんは意識とスタンスの方向が一致していますか?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.225】
http://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメールは、
「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【本日の動画】

「約70%の人はクローズドスタンスである」

こちらから!↓↓↓↓↓
理想のゴルフ解説動画
 
 
 
 


◯◯さん、こんにちは!


今週のテーマは、
「理想のゴルフ」第2章第14テーマ、
「約70%の人はクローズドスタンスである」
(65~69P)です。


私がラウンドコーチングしていると
約70%のゴルファーはクローズドスタンスに
なっていることがわかります。

しかも、
本人はスクエアにアドレスしている
と思っています。


例えば、右方向に池があったり、OBがあった場合に、
当然ながら、絶対に右方向には
ヒットしたくないと思います。

従って、少しフェアウェイの左方向に
打ちたいと思います。

しかしながら、残念なことに
右方向にボールは行ってしまうことが多いのも
事実です。

その要因の一つにスタンスの方向があります。


クローズドスタンスが悪いと
指摘しているわけではありません。

自分の認識とスタンスの向きが一致していれば
良いと思います。

方向性はスイングで調整できますので、
ストレートボールを打ちたければ
スタンスがクローズドであっても、
オープンスタンスであっても、
肩の向きがスクエアであれば大丈夫なのです。


実は私も少しクローズドスタンスになっています。

ボールはフェードが好きなので、
若干カット気味にインパクトをヒットしています。

なかなかドローボールが打てないのが残念ですが、
長年そのスイングに馴染んでいますので、
今更変えるつもりはありません。


◯◯さんも一度スタンスにクラブを置いて、
意識とスタンスの方向が一致しているかを
確認されることをお勧めします。


本日のテーマを動画でも詳しく解説していますので、
是非ご覧くださいね。
↓↓↓↓↓
理想のゴルフ解説動画
 
 
 
 


今週はここまでです。

来週は第15テーマ、
「アドレス時のガニ股でスウェイを防止する」
についての解説をお届けします。


最後までお読みいただき、
本当にありがとうございました。

また、メールしますね。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.219】初ラウンドはクラブ3本でのラウンドを…

  2. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.179】ティショットにおけるプリショットルー…

  3. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.192】2019年はいろいろなことにチャレン…

  4. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.84を配信しました。

  5. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.23を配信しました。

  6. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.60を配信しました。

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

アーカイブ

メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部