【村瀬流ゴルフ論 vol.78】ミスショット時に自分にかける言葉とは? 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.78】
http://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

このメールは、「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■


○○さん、こんにちは!


早速ですが、今週のテーマです。

シリーズでお伝えしている、
「ゴルフマネジメントのPDCA」ですが、
前回は「PDCA」の「DO=ドゥ(行動)」
についてお伝えしました。

今回は次の段階、
「C=チェック」について、
お伝えします。


Cは「チェック=検証」です。

ビジネスでは「DO」に対する検証ですね。

場合によっては、
プランニングの検証にも繋がります。

ビジネスの世界では、
この検証が出来ていないことが
非常に多いのです。

なぜでしょうか?

それは、
そもそものプランニング設定時に
十分に仮説を立てて、
検討していなかったことが
多いからです。

説明としては、
世の中の移り変わりが早く、
また想定外の事件が起こり、
数か月前に設定したプランニングや
「DO」がその意味を失ってしまった
ケースもあります。


この検証は、
ゴルフでは非常に大事な部分となります。

ミスショットの原因が
ある程度想定できないと、
ミスショットの再発防止が
出来ません。

ミスショットを繰り返してしまう
ことに繋がります。

正確に原因が把握できなくてもいいのです。

ある程度想定して、
経験を積み重ねることが重要です。

脳には学習機能があるので、
ミスショットを重ねる度に
学習していけば、
必ず再発防止の対処がある程度
出来るようになります。

練習場でも課題も明確化されます。

目的意識を持って
練習が出来るようになりますので、
ミスショット時の
自分なりの対処方法が
徐々に確立されていくのでは
ないでしょうか?


成長(スコアアップ)には
この検証が絶対に必須ですので、
自分に質問するクセをつけてください。

子供のように、
「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」の
3回なぜ?を継続する事でしたよね!

そのような検証をしながら、
楽しくラウンドする方法を
見つけてください。

勉強すると考えずに、
ゴルフというゲームを楽しむためと
思ってください。

楽しみながら、
「なぜ?」を繰り返すことが出来たら、
飛躍的にスコアアップが出来ると
思います。


人間は思考する動物です。

感覚でスイングをしますが、
マネジメントは
大脳を最大限に活用する事が必要です。

その大脳を使うことで、
気持ち良い疲れとリラックスが
体験できますので、
是非ゴルフ場で実践してみてください。

潜在能力を発揮すれば、
誰でも90打前後では
ラウンドするbsが可能となります。

平均85打も夢ではありません。

平均で70打を出せるようになる
キッカケも感じることが出来ると
思います。

○○さん、
P⇒D⇒Cの流れを実感&実践していただき、
スコアアップに繋げてください。


今週はここまでです。

次回は、
「PDCA」シリーズの最終回、
「A=アクト(改善)」の考え方について、
お伝えしていきたいと思います。

○○さんのスコアアップの参考になれば
幸甚です。

楽しみにしてくださいね。



今週も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

また来週もメールしますね。

メールセミナー   メルマガバックナンバー  
村瀬雅宣YouTube
主都大学東京オープンユニバーシティー講演情報
首都大学東京OUゴルフメンタル講座開催報告
BLOGNOBU GOLF LECTURE BLOG
一橋大学ゴルフ部
MLGC 村瀬&レディースゴルフクラブ
 
page top