ラウンド前にゴルフ場ではショット練習をすべきである!?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.341】
https://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメールは、
「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「ゴルフ免許証」のご登録はこちら
↓↓↓↓↓
ゴルフ免許証
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◯◯さん、こんにちは!

今回のテーマは、
「ラウンド前にゴルフ場では
ショット練習をすべきである!?」
です。

◯◯さんはゴルフ場に着いた後の
スタート迄の時間の使い方を
事前に準備していますか?

《一般的な所要時間》

※スタート時間の1時間前に
 ゴルフに着いた場合を想定します。

1. ロッカーで着替えとシューズを
  履くなどの準備:5分

2. トイレ使用や日焼け止めなど:5分

3. スペースを見つけて
  簡単なストレッチ:10分

4. ショット練習:15分

5. パッティング練習:15分

合計:約50分

《私の所要時間》

上記1+2:10分

3. ストレッチ:15分

4. パッティング練習:15分

5. ラウンドの
  マネジメントテーマ設定:5分

6. 素振り練習:5分

合計:約50分

違いは明白で、
ショット練習をしないことと、
事前コース戦略のマネジメントの
時間があること
です。

このスタイルは、原則、
懇親ゴルフでも大会でも
同じルーティーンをしています。

原則としたのは、
アプローチ練習場がある場合は、
到着時間を20分程度早く着くようにして、
ウエッジ練習をしています。

何故、直前のショット練習を
していないかの理由は
次回にご説明させていただきます。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.109】◯◯さんのテークバックのキッカケは何…

  2. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.51】自分のゴルフを相対評価するのはもう止め…

  3. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.297】ビジネスとゴルフには多くの共通点があ…

  4. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.159】村瀬流「3ホールスコアマネジメント法…

  5. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.15】ゴルフメンタルマネジメントに関する基本…

  6. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.44】「ゴルフ脳内ネットワークシステム」とは…

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ

メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部   タイでゴルフを楽しもう   ゴルフ免許証