【村瀬流ゴルフ論 vol.456】集中力を発揮すべき2つのポイントとは?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.456】
https://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

このメールは、「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

ノブ村瀬のLINE公式アカウントができました!

LINEメルマガ
 
 
 
 

是非、ご登録ください。↑↑↑↑↑

 
皆さん、こんにちは!

今回はメンタル基礎の2回目です。

テーマは集中力です。

ゴルフは動のスポーツではなく、
静のスポーツの分野に入ります。

ですが、静と動のチェンジがあり、
アドレス完了までは静の部分で、
ワッグル後は動の部分としての
道具としてのゴルフクラブでの
スイングがスタートします。

従って、集中力の発揮は
アドレス完了までの
以下の2箇所で特に必要です。

ボールに向かうアドレスの前の
ルーティーンの中で、
1回集中力が必要な個所があります。

それは、ボールの後方で
ターゲティングする時です。

その時に腹式呼吸しながら、
ボールの球道をイメージしながら
集中します。

もう1箇所は、
アドレスのワッグルが終了して
いざクラブをテークバックする
直前になります。

ドライバーショットから
パッティング迄、
特にパッティングでは
最も集中する箇所となります。

上記2箇所での集中力の発揮は
非常に重要で、
トップアマやプロでは
その仕草を見ていて感じられると
思います

次回はミスの原因のトップである
「力み」とのテーマです。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.114を配信しました。

  2. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.28】「目からウロコ」のイベントが目白押しで…

  3. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.257】私の「家練」について、お話しします!…

  4. 【村瀬流ゴルフ論 vol.453】150~180ヤードの距離で選択する…

  5. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.137】素振りの重要性を理解してください!

  6. 【村瀬流ゴルフ論 vol.448】2024年のゴルフライフ、スタートで…

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

アーカイブ

LINE   メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部   タイでゴルフを楽しもう   ゴルフ免許証