【村瀬流ゴルフ論 vol.336】パッティングのルーティーンを再確認してみませんか?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.336】
https://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメールは、
「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「ゴルフ免許証」のご登録はこちら
↓↓↓↓↓
ゴルフ免許証
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◯◯さん、こんにちは!

今回はマネジメント編6回目で、
パター編2回目です。

前回はグリーンに上がる前の
プリショットルーティーンの
アドバイスでしたが、
今回はグリーン上のマネジメントです。

◯◯さんは、グリーンの
1. ピンまでの距離や
2. 傾斜や
3. ラインを判断するために
どのようなルーティーンをしてますか?

私のルーティーンを
説明させていただきますが、
絶対的な正解はありませんので、
◯◯さんが納得するスタイルを
是非見つけてください。

1. 距離の把握:
距離は絶対的なテーマですので、
歩足が原則です。

他の同伴者のラインを
踏まないように気を付けながら、
それとなく歩足してください。

2. 傾斜:
意外に最も難しいテーマです。

明らかに高低差がある場合は別ですが、
ピンの場所によっては、
微妙なケースが結構あります。

もっとも勘違いしやすいケースは、
高い場所からピンを見て
眼の前のボールをヒットする場合に
下りの傾斜を少なく判断してしまう
ケースが多くあります。

やはり、反対側から
一度は判断してください。

時間がない場合も
工夫すれば時間は作れます。

3. ライン:
ラインの判断は当然ですが、
プレーヤーのヒットの転がりや強さに
影響します。

従って、キャディさんの判断を
参考にするのは良いと思いと思いますが、
タッチの強さは自分だけのものなので、
最終判断はご自身で行って下さい。

以上、非常に簡単で入門編ですが、
参考にしていただければ幸甚です。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.123を配信しました。

  2. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.223】アドレスの時にボールの位置を、どの程…

  3. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.235】関東ミッドシニア選手権決勝の結果は……

  4. 201911120実践ラウンドメンタル研修会

    【村瀬流ゴルフ論 vol.232】関東ミッドシニア決勝大会、初日の報告…

  5. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.68】18ホール歩いてラウンドしていますか?…

  6. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.131】バンカーショットだけは非常に特殊なシ…

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

アーカイブ

メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部   タイでゴルフを楽しもう   ゴルフ免許証