【村瀬流ゴルフ論 vol.80】「ミスショットメンタル5か条」とは?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.80】
http://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

このメールは、「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■


○○さん、こんにちは!


11月に入りましたね。

ここ数日寒い日が続いていますが、
風邪など引かれていませんか?

ゴルフには厳しい季節になって
来ましたが、
冬には冬の楽しみ方があります。

引き続き、ゴルフをエンジョイして
いきましょう!



それでは今週のテーマです。

今週から新しいシリーズです。

題して、
「ミスショットメンタル5か条」
です。


多くの一般ゴルファーの
ミスショットの主たる原因は、
「ミスショットメンタル5か条」に
集約されると私は考えております。

その内容を
簡単にご説明させていただきます。

○○さんのミスショットの
原因追求と改善のご参考になれば幸いです。


第1条:自分を責めない

第2条:他人と比較し無い

第3条:引きずらない

第4条:囚われない

第5条:欲を出さない


以上が
「ミスショットメンタル5か条」です。

あくまでも
村瀬流のゴルフのメンタル面の
ミスショットの原因分析ですので、
メンタル以外のミスショットの原因、
例えばフェアウェイの状況、
バンカーショットでの目玉脱出、
深いラフでのアプロ―ショット、
コースマネジメントの失敗、
雨や風等の自然環境などは
今回は考慮しておりませんので、
ご了承ください。

ゴルフは一人で三役する事は
以前にご説明させていただきました。

単独プレーヤーの
個人競技であることは当然ですが、
コーチ役でもあり、
審判役ともなります。

同伴者はあくまでも同伴者であり、
自分のプレーには無関係です。

キャディは
唯一のプレーヤーの補助者ですが、
最終判断は勿論自分一人です。

そのようなゴルフの
ゲーム性とスポーツ性は、
他のスポーツとは
明らかに相違点があります。

その一つに、
ミスショットの原因は
直接的にはインパクト時の
クラブヘッドとの関係に集約されます。

スイングにその原因がありますが、
実はそのスイングの不安定さや、
その真の原因を追究することが
大事なテーマです。

各自のミスショットの原因テーマは
皆違います。

プロの本を読んだり、
ティーチングプロのアドバイスを
受けることで、
ミスショットの原因の一つである、
スイングメカニズムが判明し、
そのためにスイング改造が
運よくできた場合に、
コースで新しい改造後のスイングの
再現が出来ればOKです。

現実はどうでしょうか?

私は、メンタルカウンセラーですので、
スイングメカニズムの改造に
貢献は出来ませんが、
ミスショットの改善はできます。

何故なら、
ミスショットにはメンタル面の対応が
必須だからです。

練習場では味わえない
コースでのメンタル面での影響が
ミスショットを生みますし、
コースマネジメントを無視した結果、
スコアの悪化に繋がることが、
恐らく全てのゴルファーが
ご経験されているテーマと推察します。


今週はここまでです。

来週は
第1条の「自分を責めない」について
お伝えしますので、
楽しみにしてくださいね。


今週も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

また来週もメールしますね。

メールセミナー   メルマガバックナンバー  
村瀬雅宣YouTube
主都大学東京オープンユニバーシティー講演情報
首都大学東京OUゴルフメンタル講座開催報告
BLOGNOBU GOLF LECTURE BLOG
一橋大学ゴルフ部
MLGC 村瀬&レディースゴルフクラブ
 
page top