【村瀬流ゴルフ論 vol.125】アプローチの大原則は「◯◯◯◯目」です!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.125】
https://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

このメールは、「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

◯◯さん、こんにちは!

早速ですが、今週のテーマです。

前回からアプローチの
メンタル及びマネジメントを
お送りしていますが、
今週はその後編になります。

前回はアプローチの重要性と
練習方法の工夫について
コメントさせていただきました。

今回はメンタル面に関して
コメントしたいと思います。

まず、アプローチ時の
一般的なメンタルを
簡単に分析してみましょう。

①あと1打でグリーンにオンできる

②グリーンオンして
 パターがワンパットで入れば
 パーが取れる

③ドライバーはナイスショット、
 セカンドもまずますで
 グリーンエッジにあるので、
 パターで打つかピッチングで打つか、
 どちらが寄る確率が高いかを判断する

④パターの方が易しいと思うけど、
 かっこ悪いのでパターではなくて、
 ピンチングウェッジを使った

⑤ピンに極力近づかせ、
 ワンパットにしたいので、
 多少オーバー目に打つことを心掛けたい

等でしょうか?

上記5ケースの中で③以外の思考方法は
ミスショットになる可能性が高いので、
気を付けていただきたいと思います。

それでは、
各項目毎に考察してみましょう。

①結果としての、
 あと1打でワンパットとは思わないこと。

 結果をヒットする前に意識してしまうと、
 焦りや力みが生じる可能性が
 高くなるからです。

②このケースも
 結果とパーをヒットする前に
 意識しています。

 前項同様に、
 ヒットするマネジメントに集中しましょう。

③ここでの判断はクラブ選択ですので、
 当然の判断となります。

 グリーン周辺のアプローチのクラブに
 パターを選択する可能性を
 必ず残してください。

④かっこ悪いと思っているのは
 ご自身だけです。

 プロであってもアマチュアであっても
 クラブ選択に見栄は禁物です。

 一番やさしいクラブを選んでください。

⑤アプローチの大原則は「ショート目」です。

 アプロ―チはショート目にピンに近づかせ、
 上りのパットを残す事がベストです。

 当然ながらパットはオーバー目ですね。

いかがでしょうか?

◯◯さんは結果を意識過ぎるあまり、
目の前のショットに集中できなくなり、
最悪の結果を招いてしまうことが
非常に多くありませんか?

結果はマネジメントの分野ですので、
ショットの前のクラブ選択の場面では必要ですが、
どのクラブを使って
どのようにアプローチをするかを決断した後は、
目の前のボールに集中して、
ボールの寄せのイメージと落としどころを
明確にイメージする事に集中して、
リラックスしてスイングをしてください。

今週はここまでです。

来週は、
パッティング編をお送りしますので、
楽しみにしてくださいね。

今週も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

また来週もメールしますね。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.10】シニアプレーヤーのスイング改善はフィジ…

  2. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.184】ラウンド中の歩いている時に何を考えて…

  3. メルマガバックナンバー

    村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.146を配信しました。

  4. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.206】スイングを直す必要はない!?

  5. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.169】私のメンタル&マネジメント…

  6. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.2を配信しました。

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

アーカイブ

メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部   タイでゴルフを楽しもう