【村瀬流ゴルフ論 vol.354】100ヤード以内のアプローチショットでスコアをアップさせるためのマネジメント

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.354】
https://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメールは、
「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「ゴルフ免許証」のご登録はこちら
↓↓↓↓↓
ゴルフ免許証
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◯◯さん、こんにちは!

今週は読者アンケートからのテーマ、
第5弾です。

テーマ:
100ヤード以内のアプローチショットで
スコアをアップさせるための
マネジメントに関して

全てのゴルファーにとって、
アプローチショットはスコアを
安定させるために一番重要なショットであると
言えます。

その理由は以下です。

1. アプローチの次のショットは
パターとなります。

  3パットが多いゴルファーは
  アプローチが十分にイメージしたショットが
  出来ていないケースがほとんどどです。

2. アプローチは全てのゴルファーにとって、
  他のショット以上に直接グリーンに
  オンさせるためですので、
  そのショットのミスは直接スコアに
  反映されます。

3. アプローチショットは、
  原則3通りのショットが必要となります。

a) ラインニングショット

b) ピッチエンドランショット

c) ロブショット

  距離間も必要ですので、他のショット以上に
  練習をする必要上があります。

4. アプローチショットは理想的には
  芝の上で練習する必要がありますが、
  日本ではそのような環境が
  ほとんどありません。

  そのため、実践的な微妙な芝の状況の
  タッチが身につきづらいのが現実です。

5. シャンクやトップのミスが
  大たたきに繋がりますし、
  メンタル的には相当なショックですので、
  その後のラウンドのメンタルに
  影響に繋がりやすいです。

次回はその技術的な側面をご説明をさせて
いただく予定です。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.130】OB克服のカギは「◯◯◯に意識のすべ…

  2. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.251】ゴルフの総合力とは「◯◯+◯◯+◯◯…

  3. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.180】プリショットルーティンの一番大事なテ…

  4. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.17を配信しました。

  5. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.248】スイング理論にこだわり過ぎるな!

  6. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.57を配信しました。

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

アーカイブ

メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部   タイでゴルフを楽しもう   ゴルフ免許証