【村瀬流ゴルフ論 vol.356】常に同じスイングをするための練習とは?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.356】
https://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメールは、
「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「ゴルフ免許証」のご登録はこちら
↓↓↓↓↓
ゴルフ免許証
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◯◯さん、こんにちは!

本日は新年度のスタートであり、
人生の再スタートでもある日ですね。

私も学生時代の入学や進級、
会社就職や転勤など、
思い出の深い日です。

一方で毎年月初にオーガスタでの
マスターズトーマンナメントが
開催される時期でもあります。

今回は松山秀樹プロの連覇がかかる大会なので、
なおさらです!

大会の翌週にはメンタル&マネジメントの
コメントをする予定です。

さて、今回のメルマガのテーマは、
今回もアンケートにありました
「常に同じスイングをするための練習とは?」
です。

常に同じスイングをするということですが、
結果から言うと【不可能】ということに
なります。

人間はロボットではないので、
同じ動作や行動を100%再現することは
できないのです。

簡単な動作であれば、
非常に多くの練習や運動を重ねれば
可能なケースもあるかと思いますが、
ゴルフのような日常に経験しない動作の場合は、
ほとんどど不可能といって良いかと思います。

従って、プロになるには
フィジカルトレーニングを積み重ねながら、
毎日数時間スイング練習をしているわけです。

アマチュアでは、そのような練習は
できませんし、
身体にストレスを掛け過ぎて、
怪我や病気になる確率が高くなってしまいます。
(腰痛や頚椎症や腱鞘炎などです)

本テーマの唯一のアドバイスとしては、
とにかく【素振りをすること】です。

野球やテニスや卓球などの球技を
アスリート的に経験された方は
ご理解されると思います。

道具でボールをコントロールするには、
素振りをするしかないのです!

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.86を配信しました。

  2. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.83】ミスを「引きずらない」ための方法とは?…

  3. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.151を配信しました。

  4. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.163】現状分析の4テーマに対する考え方をお…

  5. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.74】ショット直前のルーティーンでナイスショ…

  6. 首都大学東京OU

    今年も首都大学東京オープンユニバーシティ講座を開催します!

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

アーカイブ

メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部   タイでゴルフを楽しもう   ゴルフ免許証