【村瀬流ゴルフ論 vol.359】トラブルショットの対処法

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.359】
https://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメールは、
「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「ゴルフ免許証」のご登録はこちら
↓↓↓↓↓
ゴルフ免許証
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◯◯さん、こんにちは!

今回も読者のアンケートから選びました。

テーマは
「トラブルショットいろいろ」です。

このテーマの趣旨は
明確には分かりませんが、
私なりに分析してみました。

確かにトラブルショットは
「いろいろ」ですね!

代表例としては、以下のような状況が
トラブルショットと言えると思います。

1. 林の中に入って、木の根っこに
  ボールが付いているような状況

2. バンカーの中で目玉になって
  しまった場合

3. グリーン周りのボールが見えないほど
  深いラブに入っている状態 など

そこで、◯◯さんに質問です。

上記のケースでは、◯◯さんは
どのような判断をしますか?

1のケース
⇒アンプレヤブル処理

2のケース
⇒とにかく脱出のみ考える

3のケース
⇒絶対に無理をせず、ピンを狙わないで
グリーンセンターを狙う

が模範回答と思います。

実はトラブルショットの対処方法は
そのゴルファーの平均スコアによって
違うのです!

ここでは詳しくは説明しませんが、
自分の「身の丈に合った処置」を
すべきです。

その時々の体調や調子、ラウンドの目的で
変わってきます

要は無理をしないで、1打ペナルティを
払うつもりで、対処すべきです。

大叩きの潜在リスクがありますので、
そのような状況になった場合に
思い出してください。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.353】常に同じスイングをするための練習はど…

  2. 【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.147を配信しました。

  3. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.182】ナイスショットとミスショットの定義は…

  4. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.114】工夫次第でゴルフの練習はどこでもでき…

  5. 出版記念パーティー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.202】昨日、『理想のゴルフ』の出版記念セミ…

  6. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.323】全英オープン優勝のコリン・モリカワの…

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

アーカイブ

LINE   メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部   タイでゴルフを楽しもう   ゴルフ免許証