【村瀬流ゴルフ論 vol.399】ロングホールのグリーン上のマネジメントについて

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.399】
https://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメールは、
「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ノブ村瀬のLINE公式アカウントができました!

LINEメルマガ
 
 
 
 
是非、ご登録ください。↑↑↑↑↑

 
皆さん、こんにちは!

今回はロングホールの
グリーン上のマネジメントに関して
コメントします。

グリーンマネジメントに関しては
過去もコメントしていますが、
敢えてロングホールを前提にした
グリーンマネジメントを考察したいと
思います。

そうは言っても、
グリーン上はミドルホールでも
ショートホールでも
特別な違いはないので、
ルーティーンに関するマネジメントに
コメントを限定させていただきます。

グリーンのマネジメントは
グリーンに上がる前のルーティーンが
非常に重要です。

アプローチショットがオンしたとします。

アプローチショットが
100ヤード以下の場合では、
オンしなかったことも想定して、
ウエッジに加えて
パターも持参するようにしましょう。

ショット後にカートに乗らないように
心掛けます。

グリーンに上がる前に
グリーンの大体の傾斜を判断します。

この段階では、
一番高い箇所と一番低い箇所を
見極めておきます。

グリーンのボールマークを直します。

ボールとホールの反対側に行って
傾斜と距離とラインを判断します。

次に同伴者のラインを踏まないように、
ボールをピックアップします。

グリーン上の同伴者も含めた
4つのボール位置を確認します。

同伴者のラインを踏まないように
注意しなければなりません。

パッティングをする順番が決まります。

自分の順番が最初でなければ、
先にヒットする同伴者のラインを
想定します。

想定したラインが違っていた場合は、
傾斜の判断を修正します。

同時にタッチをよく見ておく必要が
あります。

ラインはタッチによって変化するので、
他人のタッチをよく観察する必要が
あります。

以降については、
来週にコメントさせていただきます。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.11を配信しました。

  2. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.154】「意識」と「スイング」は本当に連動し…

  3. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.3】自己特性を理解し、自分の可能性を信じるこ…

  4. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.98】パッティングを成功させるメンタルとは?…

  5. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.276】自分の中の『SELF2』をキャディと…

  6. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.34を配信しました。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

LINE   メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部   タイでゴルフを楽しもう   ゴルフ免許証