【村瀬流ゴルフ論 vol.249】左脳でスイング理論を追及することは極力控えませんか?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.249】
http://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメールは、
「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◯◯さん、こんにちは!


今回は「理想のゴルフ」の第29項、
「左脳優位の理論派は課題を作り過ぎてしまう」
(117~118P)の解説です。

前回は「スイング理論にこだわり過ぎるな」でしたので、
多少は似ているテーマになります。


ご存知のように左脳の役割は、理論や分析力などなので、
ゴルフのコース戦略やスコアマネジメントとしての
分析力&判断力となります。

その役割のほとんどはショット中ではなくて、
プリショットルーティーンの中で
左脳を活発に使うことになります。


従って、スイングの中では
左脳は右半身での身体の動きをコントロールしていますので、
テークバックからトップまでは左脳がリードしていることに
なります。


ではトップからインパクト、そしてフィニッシュまでは
どの脳がリードしているかといえば、右脳となります。


そこで、難しいのはトップでの左脳→右脳切り替えしの
タイミングとなります。

よくスイングの悩みで多いのが、トップ位置である所以が
わかります。


上記理由から、
私は左脳でスイングの理論を追及することは極力控え、
可能な限り右脳優位でスイング課題を意識されることを
お勧めしています。


本日のテーマを
動画でも詳しく解説していますので、
是非ご覧くださいね。
↓↓↓↓↓
理想のゴルフ解説動画
 
 
 
 
 
今週はここまでです。

次回は「理想のゴルフ」の第30テーマ、
「理論と感覚のバランスが大切」
についての解説をお届けします。


最後までお読みいただき、
本当にありがとうございました。

また、メールしますね。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.43を配信しました。

  2. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.134】なぜ、長年ゴルフをしているが、スコア…

  3. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.32を配信しました。

  4. サイト開設しました!

  5. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.58】そのグリーンのラインや傾斜の判断、錯覚…

  6. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.152】「腹式呼吸」でナイスショット!

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

アーカイブ

メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部