【村瀬流ゴルフ論 vol.87】突然襲ってくる「大たたき」を防ぐには?(その2)

【村瀬流ゴルフ論 vol.87】突然襲ってくる「大たたき」を防ぐには?(その2)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.87】
http://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

このメールは、「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

来年もやります!
【首都大学東京オープンユニバーシティ講座
ゴルフに潜む【錯覚是正】と【潜在能力アップ】で
5打改善を目指そう!!】
詳細はこちら
↓↓↓↓↓
http://03auto.biz/clk/archives/vjjpuo.html


◯◯さん、こんにちは!



それでは、今週のテーマです。

今週は
先週のメルマガで定義した3つのケースについて、
具体的なアドバイスをさせていただきたいと
思います。


まず1つ目のケース、
「好調なスコアでラウンド中、
突如としてミスショットを連発してしまった」
についてです。

①好調なラウンドをしている時は、
 あまり細かい事を考えていないので、
 集中し無心に近いメンタルでラウンドしている。

②しかしながら心の中では、
 そろそろどこかでミスショットを
 し出すかもしれないと
 自分を信じきれていないもう一人の自分が
 いるのを感じる。

③ミスショットがデボットにはいったり、
 バンカーで目玉になったり、
 木に当たってOB方向にはねたり、
 ボールが紛失してしまったり等と
 アンラッキーな事が起こる。

④ドライバーのアドレス時に不安な感じになったが、
 改めてアドレスをし直すことも面倒なので
 そのままショットをして、
 OBになってしまったため、大変後悔する。

⑤こんな好調なショットが続くわけがないと
 自己否定しだす。
 一旦このようなメンタルになると
 自信よりも不安なメンタルが優勢になり、
 スイングがぎこちなくなり、
 突如としてミスショットが連発してしまうので、
 注意しましょう。


次に2つめのケース、
「最終ホールに来て、スコアを意識した途端に
OBやらダフりを連発し、大崩れをしてしまった」
についてです。

①ゴルフは朝イチの一打も
 最終ホールのパターの一打も
 その重みは一緒です。
 従って、
 最終ホールで意識過剰にならないように、
 逆に最終ホールと思わないようにする。

②最終ホールは特別なホールではない。
 プロの場合は、
 バックナイン(10~18番)を少なくとも
 アンダーでラウンドしない限り優勝は出来ませんし、
 特に16~18番、更に最終の18番ホールの
 大観衆の前ではバーディを狙っていきます。
 それがプロとしてのプライドであり、
 責任だからです。
 私たちアマチュアは、
 全てのホールは同じであると思った方が良い
 と思います。
 メンタル面でのプレッシャーやストレスを
 自分に敢えて課す必要はないかと思います。

③特に最終ホールでPARを取れば40台が出るとか
 ベストスコアがでる等
 最終スコアを計算をした場合は、
 そのほとんどケースでPARは出ません。
 アマチュアは緊張し、
 筋肉が硬直すればするほど
 ミスショットに繋がってしまうからです。


最後に3つ目のケース、
「午前中はベストスコアがでたのに、
後半のハーフでは10打以上悪化してしまったケース」
についてです。

①一つの要因はランチにあります。
 折角好調であってもランチでの1時間は
 筋肉を固くしてしまいます。
 感覚も継続性が薄れてしまいます。
 改めて朝イチのメンタルを再現する必要があります。

②前半が良かったので、
 後半に「欲」が出てしまいます。
 欲はミスショットのメンタルの原因でしたね。
 身の丈のゴルフマネジメントを思いだし、
 それ以上でもそれ以下でもない、
 メンタルを維持すべきです。

③ここでももう一人の自分が突如現れ、
 好調な自分を信じれなくなり、
 不安の波に襲われます。
 その不安の心は、自分を責めて、
 他人と比較するようになるので、
 まさに先々週までお送りしていた
 メンタルミスショット5か条の中の条件に
 マッチする事になってしまいます。
 このようなメンタルの状況になった場合は、
 改めて自分を信じる事に努力しましょう!


今週はここまでです。

新年からはまた新しいシリーズで
お伝えしていきますので、
楽しみにしてくださいね。



さて、ここで今後のセミナー・イベントの
ご案内をさせていただきたいと思います。

冒頭でもご案内しております
首都大学東京オープンユニバーシティ講座
のご案内です。

毎年2月に首都大学東京オープンユニバーシティで
ゴルフメンタルに関する講師をしているのですが、
来年も開催することになりました。

【首都大学東京オープンユニバーシティ講座
ゴルフに潜む【錯覚是正】と【潜在能力アップ】で
5打改善を目指そう!!】
詳細はこちら
↓↓↓↓↓
http://03auto.biz/clk/archives/vjjpuo.html

平成22年度から実施してきこの講座も、
今回のメンタル講座で7回目を迎えます。

今回もゴルフの特徴を踏まえ、
ゴルフのメンタル面のスキルアップを解説し、
目から鱗の講座をご提供しますので、
ご興味ありましたら、
是非ご参加ください。


以上です。


今週も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

また来週もメールしますね。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.5を配信しました。

  2. 2019ゴルフルール改正

    【保存版】2019年ゴルフルール改正について

  3. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.93を配信しました。

  4. 首都大学東京

    首都大学東京ゴルフメンタル講座、第4回を開催しました。

  5. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.114を配信しました。

  6. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.155を配信しました。

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

アーカイブ

メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   首都大学東京OUゴルフメンタル講座   一橋大学ゴルフ部