【村瀬流ゴルフ論 vol.334】アプローチショットは絶対にショートすべきではない!?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.334】
https://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメールは、
「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「ゴルフ免許証」のご登録はこちら
↓↓↓↓↓
ゴルフ免許証
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◯◯さん、こんにちは!

今回もマネジメントシリーズ4回目です。

テーマは、
「アプローチショットは
絶対にショートすべきではない!?」
です。

ここでのアプローチショットとは、
概ねピンから50ヤード以内とします。

ピンまで50ヤードですので、
3通りのショットが想定されます。

1. ランニングショット

2. ピッチアンドラン

3. ロブショット

それぞれのショットは、
球のライの状態やピンまでの状況によって
選ぶショットの種類も違ってきます。

3つの中で一番コントロールできる順番は、
「1」→「2」→「3」ですね!

当然、ランニングショットには
パッティングも入ります。

原則、アプローチショットは
ピンの手前に止めるのがベストとなります。

従って、テーマとしては
「アプローチショットは絶対ピンの手間に止める」
となります。

その理由は、上りのラインが残りやすく
ワンパット率が向上し、
ストレスが少ないから
です!!

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.4を配信しました。

  2. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.116】ゴルフは「◯◯◯の再現性」が大事です…

  3. 【村瀬流ゴルフ論 vol.461】ゴルフでは球は動きません。では、動く…

  4. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.45を配信しました。

  5. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.62】3パット撲滅のメンタルとは?(前編) …

  6. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.67を配信しました。

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

アーカイブ

LINE   メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部   タイでゴルフを楽しもう   ゴルフ免許証