【村瀬流ゴルフ論 vol.267】なぜゴルフでは集中力や忍耐力が最後まで続かないのか?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.267】
https://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメールは、
「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◯◯さん、こんにちは!

今回は前回に続き、
ノブ村瀬のゴルフ格言の第4弾をお届けします。

今回は、
「ゴルフは最終ホールで決まるゲームである」
です。

ゴルフというスポーツは、
非常にプレー時間が長いことが特徴です。

通常であれば、ハーフ2時間15分ですので、
1ラウンドでは、約4時間30分です。

日本ではランチを途中で取ることが多く、
朝1時間前にゴルフ場に着いていたとすれば、
6時間以上もゴルフ場にいることになります。

ラウンドは18ホールですが、
1打のショット時間はせいぜい1.5秒~2秒なので、
100打でラウンドしたとすれば150秒~200秒となり、
ワンラウンドの中でショットに要する時間は、
たったの約3分となります。

では、ここで◯◯さんにご質問ですが、
たったの3分しかショット時間に
費やしていないのに、
集中力や忍耐力が最後まで続かないのは
何故でしょうか?

フィジカル面など、
いろいろな答えがあると思いますが、
メンタルカウンセラーとしては、
メンタル面に原因があると指摘しておきたいと
思います。

それは、意識として、
「最終18番ホールのカップインまではゲームが続く」
と強く認識して、朝イチのショットをしていないから

だと思います。

メンタル面だけでなく、
フィジカル面もそうですが、
最終ホールの最後のパターが終了するまでは
ゲームが終わらないのです。

この当たり前の原則理論を持って、
コース戦略を立てれば、
劇的にスコアアップが図れると思いますので、
次回のラウンドで意識の変革にトライしてください。

今週はここまでです。

次回はノブ村瀬のゴルフの格言の第4弾を
お伝えします。

最後までお読みいただき、
本当にありがとうございました。

また、メールしますね。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.103を配信しました。

  2. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.53】ゴルフの「囚われてはいけない」と「囚わ…

  3. 90切りセミナー

    「90を確実に切る」ことに フォーカスした三部作のセミナーを開催します…

  4. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.60】ゴルフにおける「苦手意識の克服」とは?…

  5. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.111を配信しました。

  6. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.154】「意識」と「スイング」は本当に連動し…

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

アーカイブ

メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部   タイでゴルフを楽しもう