【村瀬流ゴルフ論 vol.369】私のウェッジの変更ポイントについて説明します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.369】
https://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメールは、
「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

皆さん、こんにちは!

前回に続き、ウエッジの具体的な
チェンジ内容について
説明させていただきます。

メーカーは、基本学生時代から
使用しているタイトリストを
選択しました。

今年3月の最新クラブはSM9、
現在でもアメリカのプロの約50%が
タイトリストボーケイを
使用しています。

ロフトは従来52度&56度&58度でしたが、
今回は全体のバランスを考慮して
50度&54度&58度としました。

ヘッドのメッキは、
従来はツアークロームでしたが、
今回は反射を押さえ、
視認性の高いブラッシュドスチールに
しました。

シャフトは従来同様の、
NSプロ950GHneoとしました。
(98g、S、中調子)

最大の難問は、バンス角と
6種類のグラインドです。

詳細の説明するのはここでは割愛します。

ご興味のある方は是非WEBで検索してください。

結果は、タイトリスト社の
ウエッジフィッティングをしてもらい、
以下の内容に決定しました。

言葉での説明よりもはやり打ち比べて、
フィーリングの良いものを
購入することを推奨します。

【50度】⇒12F
【54度】⇒10S
【58度】⇒12D

今回のボーケイデザイン(日本仕様)は
日本のゴルフ場に合ったデザインで
作成されたと説明されており、
従来以上の期待がありました。

結果は予想通りです。

今回、ロフトを変えたので
多少種々の打ち方で戸惑いはありますが、
そのうち慣れてくると確信しております。

次回はいよいよパターです。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.250】なぜゴルフでは右脳と左脳のコントロー…

  2. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.361】スロープレーにならないように気をつけ…

  3. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.435】真にスコアアップにつながる練習とは?…

  4. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.320】全米オープンで非常に珍しい場面があっ…

  5. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.406】前回までの7つの「情動」について説明…

  6. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.146】なぜ、突然イップスになるのか?

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ

LINE   メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部   タイでゴルフを楽しもう   ゴルフ免許証