【村瀬流ゴルフ論 vol.379】50ヤード以内のアプローチでは、ピンに対してどう攻めるべきか?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.379】
https://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメールは、
「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ノブ村瀬のLINE公式アカウントができました!

LINEメルマガ
 
 
 
 
是非、ご登録ください。↑↑↑↑↑

 
皆さん、こんにちは!

先週リリースしました
ノブ村瀬のLINE公式アカウントですが
たくさんの方にご登録いただいています。

本当にありがとうございます!

LINE公式アカウントでは、
普段のメルマガにはない情報なども
配信していきますので、
是非、ご登録を宜しくお願いいたします。

ご登録はこちらから宜しくお願い
いたします。
↓↓↓↓↓
ノブ村瀬LINE公式アカウント
LINEメルマガ
 
 
 
 

さて、今週のテーマです。

今回も前回に続き、
50ヤード以内のアプローチがテーマです。

【4】の「ピン位置」について解説します。

基本的には、
グリーンへのショットやアプローチは
まず最初にピン位置を確認します。

ドライバーはフェアウエイキープが目標、
セカンドショットは次打のために
ベストポジションに置くことが
目標ですので、グリーンへのショットは
まずはセンタ―を狙っていきましょう!

50ヤードのアプローチの目標は
ワンパットが狙えるベストポジションに
乗せることになりますので、
グリーンを4分割して
アプローチをイメージしましょう!

1. 上りのフックラインを残す

2. 上りのスライスラインを残す

3. 下りのフックラインを残す

4. 下りのスライスラインを残す

もちろん、上り&下りの
ストレートラインもありますが、
グリーンの読みの時間の確保と
目標ポジションが狭くなりますので、
大まかに上記4分割をお勧めします。

そのためにも、
ご自身の得意なパットラインが
明確化されていた方が優位ですので、

練習時に意識して取り組みましょう!

次回は
【5】安全策もしくはチャレンジ策
となります。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.170】そもそもゴルフはなぜ難しいのでしょう…

  2. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.19】練習をしないでゴルフは上手になれるか?…

  3. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.4】目標としてスコアアップを目指すこと 

  4. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.12】ミスショットかどうかの判断はプレーヤー…

  5. メルマガバックナンバー

    あけましておめでとうございます!

  6. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.141】「100切り」においては、自信過剰で…

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ

LINE   メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部   タイでゴルフを楽しもう   ゴルフ免許証