【村瀬流ゴルフ論 vol.81】自分を責めてもスコアは良くなりませんよ! 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.81】
http://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■

このメールは、「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■


○○さん、こんにちは!


早速ですが、今週のテーマです。

先週から新しいシリーズ、
「ミスショットメンタル5か条」
をお送りしていますが、
今回は最初のメンタルテーマ、
「自分を責めない」ことについて
説明します。


ゴルフは
ミスショットが非常に多いゲームです。

初心者の方から
シングルハンディの方まで
レベルの差はあれ、
全てのゴルフアーは、
ミスショットをした時に、
自分を責めてしまいます。

私も自分を責めてしまいます。

従って、
自分を責めるということは
本能と考えた方が良いかも知れません。

そうすると、
①どのような時に
②どの程度
③その後の対応
の3つの対処が重要となります。


まず、①の「どのような時に」
自分を責めるのでしょうか?

OBした時?3パットした時?
チョロした時?テンプラした時等、
様々です。

そこで少し冷静に考えて欲しいのです。

平均85打でラウンドする方は
チョロしたら自分を責めますが、
120打を切れない初心者の方は、
ボールに当たり前に進めば
ナイスショトなので、
チョロしても自分を責めることは
ありません。

自分の責める想定をしておくことで
解決できると思います。


次に、②の「どの程度」
自分を責めていますか?

クラブを投げる?口で自分を罵る?等、
これも様々です。

完璧主義のゴルファーほど、
その程度は大きいようです。

プロでもテレビでよく見かけますが、
あまりにひどい行動は
ライブでなければ
録画でカットしているようです。

自分の身の丈を知ることで
このテーマも相当に軽減されます。

立派な社会人ですので、
自分のミスショット時の言動を
自らコントロールしてみませんか?

自分の現実の行動や感情表現を
一度確認してみるのも良いかと思います。


最後に、③のミスショット⇒
自分を責める⇒「その後の対応」です。

自分を責める目的は何でしょうか?

ミスショットした自分にあきれて、
あんなに練習したのに、
どうしてミスショットをしてしまうのかと
思う等、いろいろあると思います。

いずれにしても、
自分を「バカたれ」と責める思いを
その後に引きづらないようにすることが、
結局、自分自身に対して
メリットがあると思いませんか?

「覆水盆に返らず」です。

ミスショットした時点で
既に過去の事実ですので、
ドラえもんでもない限り、
やり直しは出来ないのです。

過去の事実を事実として認め、
冷静な事後対応が必要です。

ゴルフはショットの継続性があり、
メンタルは最終ホールでの
ホールアウトまで継続しています。
ミスをした場合のリセット方法を
身に付けておくことが大事であることは、
○○さんも薄々気が付いておられると
思います。

「引きづらない」のテーマは、
次々回で説明させていただきますが、
結論としては、
自分を本能として責める場合は、
現状よりの向上できる可能性がある場合に、
その原因を即座に追及して、
その対処方法を事前に決めておくことが、
メンタルゴルフのテーマとなります。


今週はここまでです。

来週は
第2条の「他人と比較しない」について
お伝えしますので、
楽しみにしてくださいね。


今週も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

また来週もメールしますね。

メールセミナー   メルマガバックナンバー  
村瀬雅宣YouTube
主都大学東京オープンユニバーシティー講演情報
首都大学東京OUゴルフメンタル講座開催報告
BLOGNOBU GOLF LECTURE BLOG
一橋大学ゴルフ部
MLGC 村瀬&レディースゴルフクラブ
 
page top