【村瀬流ゴルフ論 vol.372】アマチュアゴルファーにとってのフィジカル面のケアについて

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

読むだけでゴルフが上手くなる!
【村瀬流ゴルフメンタルマネジメント論 vol.372】
https://nobugolf.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このメールは、
「ノブゴルフスクール」ホームページより
【「ゴルフメンタルマネジメント論」メールセミナー】に
ご登録いただいた方、
村瀬雅宣のセミナーに過去ご参加いただいた方、
村瀬雅宣と名刺交換させていただいた方など、
「ノブゴルフスクール」とお付き合いがある
「大切な方」にのみ、お送りさせていただいております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

皆さん、こんにちは!

今回は以前のアンケートでのご意見を採用して、
以下のテーマとしました

今回のテーマ:
アマチュアゴルファーにとっての
フィジカル面のケアについて

ゴルフというスポーツは、
心技体のバランスがとれるように
鍛錬することがポイントです。

一般的には、止まっているボールを
コントロールすることが
予想以上に難しいことから、
練習場でのヒット練習がほとんどに
なってしまう傾向にあります。

実際にゴルフ場では、
メンタルやフィジカル面での要素が
スコアに影響することは、
ほぼ全員の皆さんが感じていると思います。

そこで、今回から4回で、
フィジカル面での鍛錬の基本中の基本の
前提条件をコメントしたいと思います。

基本前提1:
絶対に無理をしないこと

1. この前提が非常に重要です。

  ゴルフに多量の筋肉は必要ありません。

  一人で自立して歩ける体力があれば、
  全ての老若男女が楽しくプレーできる
  スポーツであることを是非理解してください。

2. 無理をしないレベルとは、
  「身の丈」レベルとなります。

  このテーマも極めて重要なのですが、
  現実はほとんどのゴルファーの皆さんが
  理解出来ていないテーマです。

  初めは、ジムに入会して
  プロのトレーナーに趣旨を説明して頂き、
  メニューを作って貰ってください。

3. そこで更に難しいのは、「身の丈」です。
  その設定のためには、目標とするスコアと
  スケジュールが必要となるからです。

  現在の平均スコアが110打であり、
  今年中に100を切るのが目標の場合と、
  現在の平均スコアが90打であり、
  80打を切るのを目標に設定するのかで
  全くそのメニューは変わってきます。

次回は基本前提2をご説明させて頂きます。

関連記事

  1. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.18】「第1回MGAメンタル研修会(ゴルフコ…

  2. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.250】なぜゴルフでは右脳と左脳のコントロー…

  3. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.40を配信しました。

  4. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.441】日本グランドシニアゴルフ選手権競技に…

  5. メルマガバックナンバー

    【村瀬流ゴルフ論 vol.242】ゴルフにおける問題の多くは、スイング…

  6. メルマガバックナンバー

    村瀬流ゴルフマネジメント論】メルマガvol.141を配信しました。

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

アーカイブ

LINE   メールセミナー   メルマガバックナンバー   ブログ     メディア掲載実績   お客様の声   Instagram   一橋大学ゴルフ部   タイでゴルフを楽しもう   ゴルフ免許証